「NEXGEN6 5番 ユーティリティ」レビュー。5番アイアン代わりになるか?

商品レビュー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

この間中古で購入した、NEXGEN6の7番ウッド。

2ラウンドほど使ってみましたが、タイミングが取りやすくて芯を喰った当たりを連発。NEXGEN6シリーズはドライバーから使い始めましたが、標準で装着されている「EIFシャフト」のしなり戻りのタイミングが私には合っているようです。

この結果に気をよくしたのでNEXGEN6の5番ユーティリティも中古で購入してみました。

スポンサーリンク

7番ウッドはダフリが激減。芝の上から計算できる

NEXGEN6の7番ウッドは、これまで使っていたプロギアの「iD Nabla 5番ウッド(41.5インチ)」よりシャフトが長い(42インチ)にも関わらず、ダフリが激減してまともに当たる回数が増えました。EIFシャフトのおかげと考えると、クラブではなくシャフト単体を買ったと思っても安い買い物でした。

そこでEIFシャフトを買うつもりで5番ユーティリティも購入してみた、というわけです。

ダフらずにそこそこ当たる。これが「ダフラー」にとっては重要

7番ウッドはいきなり実戦投入しましたが、ユーティリティは練習場で軽く打って感触を確かめることにしました。

NEXGEN6 5番ユーティリティ

ソールを見てみるとネック側におもりが付いていて捕まりを重視した感じかと思いましたが、クラブをポンと置いてみるとフェースは少し開きます。

NEXGEN6 5番ユーティリティ(アドレスしたところ)

ソールしたクラブを上から見た感じでは、強いフックフェースには見えません。

EIFシャフト(ユーティリティ用)

シャフトはEIFシャフトのユーティリティ用が挿さっており、ワッグルしてみると固すぎず柔らかすぎずといったところ。重量は337gで、今まで使っていたユーティリティがスチールシャフトだったので、これは当然軽く感じます。

練習場で構えて第1球を打ってみると、ダフらずに当たりました。ダフリで悩んでいる「ダフラー」からすればまともに当たることがとても重要で、私にはユーティリティにスチールシャフトは重かったようです。

ボールに当たったときの感触は手にそれほど残らなかったのですが、弾き系とまでは言えないと思います。狙った方向にそこそこまっすぐ飛びだしていき、キャリーで150ヤードの看板を超えたあたりまで飛んでいきました。3球ほど続けて打ってみましたが、ひどいダフリもなく、飛距離も150~170ヤードと安定しています。

5番ユーティリティのロフトは25度。このあたりのロフトがあるクラブはある程度の飛距離が欲しいためいつもより振りに行きがちですが、力が入ってダフったりひっかけたりと安定しないクラブでした。

NEXGEN6の5番ユーティリティはダフリや引っかけがなくそこそこ当たり、飛距離も150ヤード以上のキャリーで安定しているのが何よりも良いところ。やはりEIFシャフトはユーティリティでも私のスイングに合っているようで、150ヤード以上を計算できるクラブが1つ増えたのはとてもありがたい。あとは芝の上からも同じような結果が出るかどうかです。

NEXGEN6 ユーティリティ(新品)はこちら

NEXGEN6 ユーティリティ(中古)はこちら

28度の6番ユーティリティも欲しい

こうなると、がぜん気になるのは「28度のユーティリティ」。NEXGEN6には28度のユーティリティがあるんです。

これまで、6番アイアンの安定性に悩んで「27度以上のハイロフトユーティリティ」に行き着き、色々と調べたり買って試したりしてきました。

現在使っているのは、プロギアの「iD Nabla 6番ユーティリティ(28°)」にスチールシャフトを挿したもの。こちらはキャリーで155ヤードを計算しているクラブですが、スチールシャフトの重さに負けてインパクトがずれることが多いのが悩みです。

NEXGEN6の5番ユーティリティが芝の上からでも良い結果が残せたら、6番ユーティリティも買っちゃうかもしれません(笑)。

NEXGEN7シリーズが新しく登場

NEXGEN6のドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティを購入して、EIFシャフトにすっかりはまってしまったわけですが、いつの間にか新しい「NEXGEN7」シリーズが発売されていました。2019年3月に発表されたようです。

「ヘッドのつかまり性能が上がり、EIFシャフトの弱点を補正した」と書かれていますが、EIFシャフトの弱点って何なのか。今の私にとっては弱点どころか良いところしか見当たらないんですが。

あと個人的な好みですが、ソールのデザインがかっこよくなりました。NEXGEN6のソールデザインは正直あまり好きではありませんが、NEXGEN7は格好いいと思います。デザインが気に入ると愛着が湧いて長く大切に使う傾向にあるので、これは良いポイントですね。

性能が上がって見た目も良くなってとなれば早速買ってみたい衝動にかられますが、新製品のためまだ値段が高め。NEXGEN6のユーティリティなら中古で1万円くらいですから、さすがに今の私には手が出ません。今後レビュー記事も上がってくるでしょうから、それを見ながら様子見ですかね。

NEXGEN7 シリーズはこちら

NEXGEN6 シリーズはこちら

タイトルとURLをコピーしました