2018年 おすすめのゴルフ書籍

商品レビュー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

2018年に読んだゴルフ関連の書籍の中で、特に感銘を受けた3冊をおすすめの書籍としてご紹介します。

スポンサーリンク

プロギア サイエンス・フィット教本『スイングの壁を知る 5ステップメソッド』

2018年に読んだゴルフ書籍の中で最も影響を受けたのは、『プロギア サイエンス・フィット教本 スイングの壁を知る 5ステップメソッド(以下「サイエンスフィット教本」)』です。

GDOのレッスン記事の中で、宮川まもるプロが解説されている『サイエンスフィット・レッスン』は以前から読んでいましたが、その中から重要な点をピックアップしてギュッとひとまとめにした感じなのがサイエンス・フィット教本です。

【書評】『5ステップメソッド』スイングレベル別の課題解決
2018年のオフシーズンから自宅練習の熱が高まっています。パターの練習環境を整え、パターマットでボールを転がし続ける日々を送っています。チッパー『プロギア R35 ウェッジ』も中古で手に入れ、パターマットでランニングアプローチの練習に取り組

とにかく衝撃的『レフトヒップバックでのインパクト』

サイエンスフィット教本を読んで特に衝撃的だったのが、真っ先に覚える必要がある技術が『レフトヒップバックでのインパクト』であるということ。

レベル1 初心者が目指すのは、『左のお尻が見えるインパクト』

それまでは体の正面でインパクトを迎えるのがいいと思っていたため、インパクトでの下半身の向きは特に意識することはありませんでした。

ところが、インパクトでは左のお尻が飛球線後方から見えるくらい腰が回転していることが重要なのだと知ってからは、自宅の室内練習で動きを確かめる日々が続いています。

この後でご紹介する『驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ』での足の使い方と、『ザ・リアル・スイング 科学が解明した「ゴルフ新常識」』で書かれているおなかを意識した回転を意識しながら、うねり棒を室内で振ることでだいぶレフトヒップバックでのインパクトの形に近づいてきました。

左手首を山の形にしてインパクト

『サイエンス・フィット教本』を読んでもう一つ感銘を受けたのが、インパクトでの左手首の形です。

レベル3 スコア90切りを目指すには、『インパクトで左手首を「山」の形にする』

これほど山の形にしてインパクトするという意識はありませんでした。山の形にしてのインパクトは手首を痛めるイメージがどうしても拭いきれないため、こちらは矯正するのに時間がかかりそうです。

この山の形を無意識に出来るようになるために、ゴルフの竪琴を使って体に染みこませています。

【ゴルフの竪琴】インパクトで左手首の「山」を作る練習
先日読んだ『サイエンス・フィット教本第3弾』で衝撃を受けたのが、左手首を「山」の形にしたインパクト。※PRGR公式サイトから引用昔ダウンブローについて調べていて、手首のフリップは避けるというのは何となくわかっていました。しか...

私にとっては『レフトヒップバックでのインパクト』と『左手首を山の形にしてインパクト』の2点を知ることが出来ただけでも十分元は取れましたが、これ以外にも有用な情報が盛り沢山です。スイングにお悩みの方に是非おすすめします。

 

プロギアのオンラインショップからだと送料無料です。
PRGRサイエンス・フィット教本第3弾 『スイングの壁を知る 5ステップメソッド』
PRGRサイエンス・フィット教本第3弾 『スイングの壁を知る 5ステップメソッド』

驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ

おすすめ2冊目は、『驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ』です。

地面からの反力を利用して飛距離に結びつけたいと思っても方法がよくわからなかったため購入しました。

『レフトヒップバックでのインパクト』の動きが簡単に出来るようになった

地面からの反力を得るためには当然下半身の動きが必要ですが、ブランコの勢いを使うための漕ぎ方のように単純に上下に飛び跳ねるように動かしてしまうとインパクトで上体が起き上がってしまい、前傾角度の維持ができないのが悩みでした。

こちらの本では、地面反力を利用するのにどこを意識すれば良いのか、その時の体の動かし方の注意点が主に書かれています。

さらに嬉しかったのは、この本に書かれている地面反力を活かした足の使い方で、レフトヒップバックでのインパクトの動きが容易になったことです。

書かれている内容は難解ではありませんが、さらっと読み進めるだけで理解できるほど簡単ではありません。一つ一つ納得しながらじっくり読んでいくと新たな発見があります。

私にとっては『回転軸は3つある』『肩は縦回転する』『アドレスでの首の角度』が参考になりました。

ザ・リアル・スイング 科学が解明した「ゴルフ新常識」

おすすめの3冊目は、『ザ・リアル・スイング 科学が解明した「ゴルフ新常識」 』です。

『驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ』で肩の縦回転の重要性について書かれていますが、実際にどのように動かすのかがポイントです。

私は『ザ・リアルスイング』に書かれている『側屈しながらおなかを回転する』ことで、肩の縦回転の動きができるようになりました。

本にも書かれていますが、ゴルフをやっていて『側屈』という動きをどこで使うのか、最初はよくわかりませんでした。しかし、本に書かれているとおりに体を動かしてみると、側屈の動きを入れた方が体がスムーズに動くんです。これも新しい発見でした。

地面反力を活かし、側屈しながらおなかを回転する動きを知るための書籍
先日購入した『驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ』(以下、『驚異の反力打法』)を読み終えました。今までよくわかっていなかった地面反力を利用するための体の使い方について解説されていて、非常に示唆に富んだ内容でした。すぐに結果...

3冊で相互補完の関係

それぞれ書かれている内容は異なりますが、私にとってはそれぞれ補完関係にあります。

地面反力を活かすために下半身を使うことでレフトヒップバックの動きをスムーズに出来るようになりましたし、側屈の動きを取り入れることで肩の縦回転がスムーズに出来るようになりました。

地面反力を活かし、側屈しながらおなかを回転する時の注意点
先日『驚異の反力打法』と『ザ・リアルスイング』を読み終わって、自分なりにスイング改造に繋がるヒントをまとめてみました。現在のスイング改造で最も重視しているレフトヒップバックでのインパクトを目指す中で、『驚異の反力打法』と『ザ・リアルスイング

それぞれの動きを知るだけでも見識が広がります。ご興味を持たれた方は、是非一読されることをおすすめします。

※関連記事です

おすすめ書籍に書かれている動きを『うねり棒』を使って練習すると、習得しやすいかもしれません。

【うねり棒で素振り 第1回】うねり棒を使った水平振りでハンドリング操作を覚える
※自分なりにうねり棒を使ってみた注意点などをまとめてみました。以下のリンクも参考にご覧ください。※今回はこれ → 第1回:うねり棒を使った水平振り第2回:クラブを倒す動きと左前腕の回旋(パッシブトルク)第3回:うねり棒の間違いやすい...
タイトルとURLをコピーしました