トラブル克服

トラブル克服

【ダフリ克服】私が ”ダフリ” を克服できた2つの方法

最近3ラウンドのスコアが、自分でも驚きの結果となっています。 95(47+48、29パット、OB3回)※2019年初の100切り↓94(49+45、38パット、OB0回)↓90(47+43、33パット、OB1回)※自己ベスト ...
トラブル克服

シャフトクロスとアーリーリリースを同時に直すために意識するところは「右手首」

ゴルフの悩みはつきませんが、最近克服しつつある悪癖があります。 それが「シャフトクロス」という症状。 トップでクラブが飛球線方向と平行になる「スクエア」が本来理想ですが、シャフトクロスは飛球線方向と交わる方向にクラブが向いてし...
ドリル・レッスン

ゴムティーを打つ「往復素振り」でスイング軌道をチェック

ホースドリルやうねり棒を振っているときは主に下半身のフットワークに注意しているため、クラブの軌道が正しいかどうかが気になります。 そこで、素振り用のマットに長めのゴムティーをつけたものでチェックする方法を試してみました。
スポンサーリンク
ゴルフ練習器具

スウェー防止の『パワースタンス』で室内ドリルの効果倍増

前回、ビニールホースに一手間加えた練習器具を自作してスイング練習に活かしたところ、大きな収穫を得ることが出来ました。 うねり棒やホースを室内で振る時に、以前から気になっていたことがあります。 それは、床が滑りやすくて地面反力を体感し...
トラブル克服

シャフトクロスを直すには ”レイドオフのトップ” を目指そう

シャフトクロスのトップをご存じですか? 『超私的な考察 アマチュアの多くががシャフトクロスになりやすい本当の原因とは!?』より引用 トップでシャフトが右を向き、飛球線方向とクロスする現象です。オーバースイングが主な原因で、シャフ...
トラブル克服

お尻の張りに効くストレッチと筋トレで、ゴルフに耐える体を作る

自宅のスイング練習で左尻を後方へ突き出す動きを続けています。『ゴルフの竪琴』を使って、ゆっくり体を動かすことで動きを体に覚え込ませています。 動きはだんだん出来るようになってきたんですが、副作用なのか年のせいなのか、以前からあった「お...
ドリル・レッスン

【書評】『5ステップメソッド』スイングレベル別の課題解決

2018年のオフシーズンから自宅練習の熱が高まっています。パターの練習環境を整え、パターマットでボールを転がし続ける日々を送っています。 チッパー『プロギア R35 ウェッジ』も中古で手に入れ、パターマットでランニングアプロー...
トラブル克服

ついに開眼?ドライバーの飛距離アップとアイアンの安定性向上

先日のラウンド中に、ドライバーとアイアンがついに開眼しました。 ゴルフでの開眼はゴルフあるあるの一つですが、今回は間違いなく『開眼した』と言えるでしょう。 ラウンドの途中から「あること」に気をつけたことで、ドライバーの飛距離アップとセカン...
トラブル克服

ダフリ、チョロが直らないのはひょっとしてスウェーが原因?

原田ゴルフスクール札幌でレッスンを受けてから、ダフリを修正するため右手V字の確保の練習を自宅で行っていました。 先日、レッスン受講後初のラウンドに行ってきました。 結果は、110点でした(泣)。 切り返しでのV字維持がうまく出...
ドリル・レッスン

【ダフリ克服】アーリーリリースを克服するためのドリル

原田ゴルフスクール札幌のプライベートレッスンを受講して、ダフリの原因がアーリーリリースにあることがわかり、力を入れる修正ポイントもわかりました。 今回は、アーリーリリース克服のために教えて頂いた練習方法について説明します。 アーリーリリ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました