シャフトクロスとアーリーリリースを同時に直すために意識するところは「右手首」

トラブル克服
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ゴルフの悩みはつきませんが、最近克服しつつある悪癖があります。

それが「シャフトクロス」という症状。

トップでクラブが飛球線方向と平行になる「スクエア」が本来理想ですが、シャフトクロスは飛球線方向と交わる方向にクラブが向いてしまうトップでの形のことを言います。

シャフトクロスに悩んで色々試してみたところ、修正するのに役に立ったと思われるのが「右手首の力の入れ方」です。

スポンサーリンク

シャフトクロスが何故駄目なのか?

自宅でのスイング練習をスマホで動画撮影をすると、シャフトクロスかどうかはすぐにわかります。

トップで右脇が開き、左手首が手の甲側に折れ曲がり、シャフトのロゴが読めるのでは?と思うくらい飛球線と交差した状態がシャフトクロスです。

シャフトクロスの問題は、インに引きすぎたバックスイングからトップを作り、ダウンスイングすると極端なインサイドアウトになって手前でダフリ易くなります。それを嫌がって気持ちアウト方向へバックスイングしても今度は捻転が足りず、ダウンスイングで引っかけ気味になってしまいます。

シャフトクロスの弊害は色々とありますが、それ以前にまず見た目がかっこ悪いんです。結果が良ければシャフトクロスでも良いですが、エンジョイゴルファーレベルでシャフトクロスでうまい人は見たことがありません。

見た目が悪く、スイングにも良い結果をもたらさないシャフトクロスは、私にとって真っ先に直したいゴルフの悪癖のひとつです。

「ゴルフスイング物理学」の動画で、右手首の曲がり具合の重要性を再認識

「ゴルフスイング物理学」の動画で、「雨が降っていないか」という動作をしてトップの形を作るというモノがあります。

この動画でチェックしたポイントは、右手首の折れ方です。空手の掌底突きのように手の甲側にこれ以上曲がらないというところまで右手首を折り曲げています。

右手首の力の入れ方

これまでトップで気にしていたポイントは、右足の内旋だとか、目線はボールを見続けるのでは無く少し後方に向けるとか、トップでの捻転を作るために右の肩甲骨を目一杯引きつける、などでしたが、手首の角度は全くノーマーク。

この動画を見てから早速トップでの右手首を鏡でチェックしてみると、ほとんど折れ曲がっていないことがわかりました。この気づきが、シャフトクロスを直すきっかけになりました。

シャフトクロスを直すために、手首の曲げ方に意識を向ける

サイエンスフィットとゴルフの竪琴との記事を書いたときにも、左手首の曲げ具合に驚きました。

この時は左手首を手のひら側に目一杯曲げてゴルフの竪琴を振る練習に励みましたが、右手首の曲げ方も同様に重要だったわけです。

ゴルフのスイングでは「勝手になる動き」と「意識的に動かす動き」の2種類に分かれますが、両手首は曲げるように意識的に力を入れ続けます。

ゴルフの竪琴のシャフトに左手首をくっつけるように左手首を曲げていくと、右手首は手の甲側に曲がる方向に動きます。左手首は手のひら側に、右手首は手の甲側に目一杯曲げてトップを作ると、ヘッドのフェースが真上を向いたシャットフェースのトップが出来上がります。

すると、相乗効果が生まれます。

トップで右手の平が真上を向くくらい右手首に力を入れ続けると、右脇が勝手に締まります。というより、右脇を空けることが難しくなります。トップで右脇が締まるためシャフトクロスが修正されるわけです。

アーリーリリース克服ドリルでの「右手人差し指」の意識がシャフトクロスも直す

右手首のことを書いていたら、以前にも同じようなことを書いていたことに気がつきました。ダフリ克服のために原田修平プロから教わった「アーリーリリース克服ドリル」です。

コックを入れることを意識せずにテークバックを始めてトップまでクラブを上げます。切り返しの反動で右手首が手のひら側にさらに折れ曲がる動きを利用してタメを作ることでアーリーリリースを克服するためのドリルです。

グリップは「右手人差し指の腹でクラブを引っかける感じ」と自分でも書いていますが、インターロッキングで試したグリップ方法で手の甲側に右手人差し指を反るように力を入れると切り返しで良い感じにタメが出来ます。

テークバックからトップまでは手の甲側に折れるように右手首に力を入れ、切り返しの反動では右手人差し指が反る方向に力を入れてやれば、アーリーリリースもシャフトクロスも同時に直せるというわけです。

まずは室内素振りで習慣づける

今まで意識してこなかった右手首と右手人差し指の力の入れ方のため、まずは素振りで慣れることから始めてみます。

北海道もようやく暖かくなってきて、ゴルフ熱も高まってきました。週末には私の今シーズン初戦がいよいよスタートします。今回気づいた修正点をモノにして、ベストスコア更新と行きたいところです。

タイトルとURLをコピーしました