アナライズで島田スチールシャフトにリシャフト

商品レビュー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ひょんなことから、5番ウッド(5W)のヘッドだけを手に入れました。

何のシャフトを入れようか迷っていたところ、以前アナライズで購入したマジックマリガンフェアウェイウッドに装着されていた島田ゴルフのスチールシャフトを思い出し、リシャフトで申し込んでみることにしました。

スポンサーリンク

アナライズで島田スチールシャフトのリシャフトを申し込む

まず、アナライズのWEBストアにアクセスします。

ユーザー登録を済ませてログイン

買い物をするには、ユーザー登録を行ってログインする必要があります。

会員登録は無料で、年会費、入会金等もかかりません。

送料や買い物の流れについては、「お買い物ガイド」や「よくある質問」をチェックしましょう。

申込の際に不明な点については「予約・お問い合わせ」から問い合わせると、後日メールで回答してもらえます。私はシャフトの長さについて相談したところ、後日42インチがおすすめと回答をいただきました。

画面トップにある「ログイン」ボタンをクリックし、ログイン画面からユーザー登録時に登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

ユーザー登録が済んでいない場合は、「新規ご入会はこちら」をクリックしてユーザー登録を済ませてからログインします。

スチールシャフトシリーズのリシャフトを選ぶ

メニューから「スチールシャフトシリーズ」をクリックします。

スチールシャフトシリーズが開いたら、リシャフトを選択します(画面②)。スリーブ付きを希望する場合は、スリーブ付きシャフトを選択します(画面①)。

表示されている値段は、消費税が10%に上がる1ヶ月前の2019年9月時点のものです。

リシャフトの画面が開いたら、「カートへ入れる」ボタンをクリックします。

私が申し込んだときはアナライズのオリジナルグリップが欠品していたため、代わりのグリップが「ツアーベルベットラバー」となっていました。

カートの中身が表示されたら、「次へ」をクリックして、支払いに進みます。

発送・支払方法画面に切り替わったら、支払い方法や配送方法を選択します。

今回はフェアウェイウッドのリシャフトで、さらにヘッドのみの発送だったため、備考欄にヘッドのみを送ること、アナライズへの到着予定時期、シャフト長を42インチにしてほしいことを記入しました。

次へ」をクリックすると、内容確認画面となります。

商品金額、送料、配送先などをチェックし、問題なければ「上記内容で注文する」をクリックします。

クレジットカードでの支払いを選択した場合、クレジットカード情報を入力する画面に切り替わります。カード番号などを入力して支払手続きを済ませます。

すべての手続が完了したら、完了画面が表示されます。以上で購入手続きは完了です。

アナライズへフェアウェイウッドのヘッドを発送

アナライズでの手続きが完了したので、AF-202のヘッドを梱包してアナライズへ発送します。今回は自宅近くの郵便局からゆうパックで発送しました。

発送先は、下記の通り。

会社名:有限会社 アナライズ
住所:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-8-7 光起ビルB2
電話番号:03-5294-0160

発送してから手元に戻ってくるまでかかった日数は6日。タイムスケジュールとしては以下のようになりました。

  • 北海道の自宅から発送したヘッドが東京のアナライズに到着:2日間
  • リシャフト作業:2日間
  • アナライズから自宅に到着:2日間
    合計:6日間

リシャフトされたAF-202が到着

アナライズのスチールシャフトがついたAF-202が到着し、早速チェック。

アナライズのマジックマリガン3HLを購入したときは島田スチールのロゴシールがついていましたが、今回はマーク金井さんのロゴシールが付いていました。

グリップは、 ツアーベルベットラバー

構えてみた感じは、いい感じです。

打ってみた感想は、「ライン出ししやすい」フェアウェイウッド

アナライズから到着した翌日がラウンドだったため、ぶっつけ本番で投入しました。

素振りで振ってみた感じはカーボンシャフトより振り抜き速度は遅いですが、振り抜けないほど重くはありません。

ドライバーのヘッドスピード38m/sの私が使った場合、飛距離はティーショットで180ヤード、芝の上からでは160~170ヤードといったところでしょうか。

現在持っているNEXGEN6の7W(ロフト21°)で芝の上から160~180ヤード前後が打てているので、カーボンシャフトの5Wなら190~200ヤードくらいを打ちたいところですが、スチールシャフトではさすがに厳しいですね。

使って驚いたのは、方向性です。

7Wだとひっかけやプッシュアウトなど飛び出し方向が安定しないことがありますが、アナライズの島田スチールシャフトにリシャフトした5Wは、狙った方向にまっすぐ飛び出します。振り遅れて少し右に飛び出すことはあっても、引っ掛けて左に飛び出すことはありませんでした。

シャフトが重いため、切り返しで手に力が入ってもあまり悪さをせず、そのまま真っすぐポーンと飛び出していくため、ライン出ししやすいフェアウェイウッドに仕上がりました。

カーボンシャフトで失敗を繰り返してしまうなら、スチールシャフトもありかも

マジックマリガン3HLスチールシャフトバージョンと同じシャフトの長さ(42インチ)で組みましたが、AF-202の5Wのほうが気持ち重く感じます。この重さが振り回すことを諦めさせてくれるため、芝の上からでもライン出ししやすいショットが打てたのかもしれません。

芝の上からの飛距離はユーティリティ並でも、狙った方向にまっすぐ飛んでいくため、幅の狭いホールで飛距離が稼げる大きい武器となりそうです。

マジックマリガン3HLスチールシャフトバージョンもティーショットは打ちやすく、190~200ヤードくらいは飛んでくれるので、ティーショット専用クラブとして使っていく予定です。

重いだけのスチールシャフトだと飛距離が落ちますが、アナライズの島田スチールシャフトなら結構しなりも使えます。飛距離を落としてでも方向性をアップさせるなら、アナライズの島田スチールシャフトは「あり」です。

タイトルとURLをコピーしました