レインウェア、レインキャップのお手入れ方法

商品レビュー
sdr
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ゴルフ道具の掃除・お手入れについて、これまでゴルフクラブ、キャディバッグ、ゴルフグローブについて書いてきました。

第4回目はレインウェア、レインキャップのお手入れ方法について取り上げます。

ゴルフ道具の掃除・お手入れ方法について、下記のリンクからもご覧になれます。
ゴルフクラブの掃除・お手入れ方法
私のゴルフシーズンが終了する毎年10月は、ゴルフ道具を掃除することが恒例となっています。というわけで今回から数回にわたって、私のゴルフ道具の掃除方法をご紹介します。第1回目は、ゴルフクラブの掃除方法です。ゴルフ道具の掃除・お手入...
キャディバッグの掃除・お手入れ方法
前回、ゴルフクラブの掃除・お手入れ方法について書いてきました。第2回目は、キャディバッグの掃除・お手入れ方法を取り上げます。ゴルフ道具の掃除・お手入れ方法について、下記のリンクからもご覧になれます。キャディバッグの中...
ゴルフグローブの掃除・手入れ方法
ゴルフ道具の掃除、お手入れの第3弾。今日は、ゴルフグローブの掃除とお手入れ方法を採り上げます。ゴルフグローブはこまめに洗ってお手入れすると長持ちしますし、綺麗なグローブでラウンドスタートすると気分も良くなります。ゴルフ道具の掃除・お...
スポンサーリンク

レインウェアのお手入れ

レインウェアのお手入れは、

洗濯 → 乾燥 → 防水スプレーを吹き付け → キャディバッグに収納

の流れとなります。

レインウェアの洗濯は、普通に洗濯機で洗います

私が持っているレインウェアは、6年前に購入したアンダーアーマー製。レインウェアと同じ生地で出来た専用の収納袋がついてくるので、持ち運びも楽です。

アンダーアーマーのレインウェア

 

レインウェアを洗うときは、洗濯機で専用の収納袋も一緒に洗います。手洗いは買ってすぐの最初だけやりましたが、あまりの面倒さに嫌になってからはずっと洗濯機です。洗濯ネットがあれば入れて洗った方がベストですが、そのまま洗濯機で洗っても後述する防水スプレーをかけておけばしっかり撥水してくれています。

使用する洗濯洗剤は普通のもの。登山用レインウェアでは撥水性を維持するための専用洗剤があるようですが、私は洗剤にこだわりはなし。

レインウェアを洗い終わったら、ベランダで干します。レインウェアの生地は直射日光を避けた方が良いので、曇りの日に干すか、陰干しがおすすめです。

レインウェアに防水スプレーを吹き付け

陰干しが終わったレインウェアに、防水スプレーを吹き付けます。

防水スプレーは色々種類がありますが、私は革靴で使用する防水スプレーを併用して使っています。

コロニル ウォーターストップ

レインウェアに吹き付ける防水スプレーを比較・検証したサイトもあります。
防水・撥水スプレー最強決定戦!徹底比較テスト2017 | BBG
登山・アウトドアには欠かせないレインウェア。あなたのレインウェアはちゃんと撥水してますか?「新しく買ったのに撥水力が弱い!」「撥水しなくなってきたから、そろそろ新調しようか...」とお悩みのあなた!まだ早まってはいけません!撥水スプレーだけでも結構回復できちゃいます!試してみる価値アリです!撥水効果が落ちたからといって...

防水スプレーは、屋外で吹き付けましょう。風が強い日は避けて風下にならない位置に立ち、20cmほど離してレインウェア全体にまんべんなく吹き付けます。吹き付ける量はけちらず、たっぷりと吹き付けましょう。スプレーを吹き付けて角度を変えて見ると、レインウェアについたスプレーの成分がうっすらと見えます。

防水スプレーを吹き付ける(その1)

防水スプレーを吹き付ける(その2)

 

防水スプレーを吹き付けたら、室内で陰干しします。私は半日ほど陰干しします。

防水スプレー吹付後に陰干し

 

防水スプレーが乾いたら、収納袋にレインウェアをたたんで、キャディバッグに入れて完了です。

レインウェアを専用袋に収納(その1)

キャディバッグにレインウェア・レインキャップを収納

 

【補足1】レインウェアを選ぶときは、「20,000」という数字に注目する

レインウェアを選ぶとき、私は性能と価格ともに「20,000」をキーワードに選びます。

表面の水を弾く「耐水圧」と、着たときの蒸れ具合を示す「透湿性」は、値がともに「20,000以上」あればゴルフ用レインウェアとしては十分です。この性能のレインウェアを探すと、値段が大体「20,000円」くらいになります。後はデザインや他の機能をチェックして選ぶと良いでしょう。

【補足2】レインウェアの使用頻度が少なければ、消耗品と考えて定期的に買い換えるのもあり

レインウェアのメンテナンスには使用頻度も考慮しましょう。

私の年間ラウンド数は10回前後ですが、レインウェアを着ることは年1回~2回程度。10年間で考えてもトータル10~20回しか使わないことになります。これだけの回数しか着ないレインウェアのために、自分はメンテナンスにどこまで手間暇をかけられるかを考えます。

レインウェアは使用頻度に関わらず、経年劣化によって生地の撥水性が落ちます。メンテナンスにかけた手間と経年劣化とを比較した場合、レインウェアを消耗品と考えて定期的に買い換えるのも一つの手です。

レインキャップのお手入れ

レインキャップ

 

レインキャップのお手入れは、

洗濯 → 乾燥 → 防水スプレーを吹き付け → キャディバッグに収納

の流れとなります。

レインキャップも洗濯機で洗いたいところですが、ツバの部分が壊れる可能性があるため、私は水で手洗いしています。

ゴルフグローブの手入れ方法と同様に、洗面所にあるハンドソープをレインキャップの内側に吹き付け、もみ洗いします。40歳を超えると頭皮の臭いはすさまじいので、念入りに洗っておきます(笑)。

レインキャップにハンドソープをかけてもみ洗い

 

洗い終わったら陰干しをして、仕上げに防水スプレーをかけてキャディバッグに収納します。

レインキャップを干す

突然の雨にもすぐに対応できるよう、レインウェアの撥水性は常にチェックしておきましょう

雨の日のゴルフは憂鬱ですが、しっかりメンテナンスしたレインウェアがあれば雨のプレーを楽しむ余裕が生まれてきます。スコアに及ぼす雨の影響も最小限に抑えることが出来るかもしれません。

備えあれば憂いなし。愛情をかけたレインウェアで、次の雨の日のラウンドを楽しんでみましょう。

 

ゴルフクラブ、キャディバッグ、ゴルフグローブの掃除・お手入れ方法は下記のリンクからご覧ください。
ゴルフクラブの掃除・お手入れ方法
私のゴルフシーズンが終了する毎年10月は、ゴルフ道具を掃除することが恒例となっています。というわけで今回から数回にわたって、私のゴルフ道具の掃除方法をご紹介します。第1回目は、ゴルフクラブの掃除方法です。ゴルフ道具の掃除・お手入...
キャディバッグの掃除・お手入れ方法
前回、ゴルフクラブの掃除・お手入れ方法について書いてきました。第2回目は、キャディバッグの掃除・お手入れ方法を取り上げます。ゴルフ道具の掃除・お手入れ方法について、下記のリンクからもご覧になれます。キャディバッグの中...
ゴルフグローブの掃除・手入れ方法
ゴルフ道具の掃除、お手入れの第3弾。今日は、ゴルフグローブの掃除とお手入れ方法を採り上げます。ゴルフグローブはこまめに洗ってお手入れすると長持ちしますし、綺麗なグローブでラウンドスタートすると気分も良くなります。ゴルフ道具の掃除・お...
タイトルとURLをコピーしました