ちゃば的おすすめゴルフアクセサリー(ティーペグ、マーカー、グリーンフォーク編)

商品レビュー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

前回、ゴルフのラウンド中にポケットの中に何を入れるかを取り上げました。

ゴルフのラウンド中、ポケットの中に何を入れる?
ゴルフボールやティーなど、ゴルフラウンド中に使う小物は沢山ありますが、皆さんどのように収納していますか?ベルトに引っかける専用のポーチなどもありますが、ポケットの中に無造作に入れている方も多いのではないでしょうか。ゴルフを始めた頃、ポケ...

どのポケットに何を入れるかという私のこだわりを取り上げましたが、今回はポケットに収納するゴルフアクセサリーの中から、ティーペグ、マーカー、グリーンフォークのこだわりをご紹介します。

スポンサーリンク

ゴルフボールをセットする『ティーペグ』は、長めのプラスティック製

色々なティーを使ってきましたが、「プラスリムロングティー」に落ち着きました。

プラスリムロングティー GV-0476 タバタ Tabata|GDOゴルフショップ
プラスリムロングティー GV-0476 タバタ TabataならGDOゴルフショップ。14時までの注文で最短翌日お届け。年間55万人以上が利用するゴルフ通販ショップ。

以前はドライバーでのティーショット用とショートホールでのアイアン用に、長さの違う2種類のティーを使っていました。しかし、ポケットの中から長いティーと短いティーを探し当てるのが難しく、ポケットの中をまさぐっている間に爪の間にティーの先っぽが刺さって悶絶、ということを良くやっていました(笑)。長いティーを地面深く差し込めば短いティーの代わりになることに気づいてからは、長いティーで統一しました。地面が固くて深く挿し込めないときは、ティーアップしないでそのままボールを置いて打ちます。

プラスティックティーにしたのは、木製のものよりも破損率が低いため。曲がることはありますが、折れることはまずありません。ドライバーのティーショットもヘッドを地面から浮かせて打つように変えてからはティーを無くすことも少なくなりました。長めなのは、打つときに調整がきくためです。

ティーを1種類に限定すると、ティーを追加で買うときに迷いがなくなるし、マーカーなどと一緒に収納した小物入れから探すときも楽になります。

マーカーは『明るい色で500円玉くらいの大きさ』がグリーン上で見つけやすくておすすめ

マーカーはキャップに取り付けるマグネットタイプと、カジノチップタイプを使い分けています。日によっては両方使います。

マーカーの色と大きさは『明るい色で500円玉くらいの大きさ』がおすすめ

マーカーの色は、明るい色がおすすめです。

黒や赤色はグリーン上では目立ちにくく、ラインを見るために反対側からマーカーを探そうとすると見つかりにくいことが多かったことから、白や銀色など自分にとって見つけやすい色を使うようにしています。大きさも500円玉くらいの大きさの方が、離れた位置から見つけやすくなります。

マグネットタイプのマーカー

マグネットタイプはマーカーが10円玉くらいの大きさのものが多いですが、実際のラウンドでは小さくて見づらく感じます。大きいマグネットタイプのマーカーを探して買うか、マグネットの台座と大きいマーカーを個別で買って組み合わせる方法がおすすめです。

カジノチップタイプのマーカー

マグネットタイプは10円玉くらいの大きさが多く、グリーン上では見つけにくかったため、最近はもっぱら500円玉くらいのカジノチップタイプを使っています。

ゴルフ場で無料配布しているプラスチック製のマーカー

自分で購入したマーカー以外に、ゴルフ場で無料で配っているプラスチック製のマーカーを1個だけポケットに入れています。

マグネットタイプもカジノチップタイプも、他の人のライン上にあると邪魔になりマーカーを動かす必要があります。プラスチック製のマーカーはグリーンにめり込ませることが出来るので重宝します。

プラスチック製のマーカーは、右ポケットのコインが入るくらいの小さいスペースに入れています。自分のマーカーが同伴者のライン上にあると気がついたときに、ポケットからすぐに取り出しやすくするためです。

 

グリーンフォークは、力が入れやすいかどうかで選ぶ

グリーンフォークは、昔からスコッティ・キャメロンのグリーンフォークを愛用しています。

スコッティ・キャメロンのグリーンフォークは、ピッチマークを直すときに力をかけやすく、作りがしっかりしており、グリーンが硬くても刺さりやすいため重宝しています。1本タイプやボタンを押したらフォークが飛び出すタイプなども使ってみましたが、私には使いにくくて駄目でした。

そんなグリーンフォークですが、いま注目しているのはインスタゴルフのスパイダーグリーンフォーク。

みんなのゴルフダイジェストの記事にある動画を見て興味を持ったんですが、ピッチマークをこんなに簡単に修復できるなら価値はありますね。

これはスマート! ピッチマークの修復が瞬時にできる、芝の魔術師「スパイダー」 - みんなのゴルフダイジェスト
グリーン上のピッチマークに差し込んだら、軽くひねって抜くだけ。芝を痛めることなく、簡単に、一瞬で修復してしまう「INSTA GOLF」の特殊フォーク、「スパイダー」。スマートなゴルファーを目指すなら、ぜひ持っておきたい必需品だ。

グリーンにピッチマークをつけることができれば、ゴルフがうまくなった証拠です。高い弾道からグリーン上にボールを落とせないと、ピッチマークはつけることが出来ないからです。グリーンに上ったときにプロゴルファーはティーショットでボールをセットする時のように片足で自分を支えてピッチマークをさっと直しますが、同じように自分で出来ると格好いいですし、ゴルフがうまい人のように見せることが出来ます。

アクセサリーにもこだわって、ゴルフを楽しもう

ゴルフでこだわる道具は、ゴルフクラブだけではありません。ティーペグ1つに注目しても様々な種類が売られています。アクセサリーにもこだわりを持つとゴルフに愛着も生まれ、良いスコアに結びつくはず。と思って買い続けていますが、中々成果に現れませんね。

私はストレスがたまってくるとゴルフ道具を物色するのですが(笑)、ゴルフクラブは高くて中々手が出ませんが、ゴルフのアクセサリーなら単価も安く種類も豊富なため、ちょこちょこ買ってしまいます。買わなくても選んでいるだけでもストレス解消になりますね。買ったあとは使っている自分を想像して次のゴルフが楽しみになります。なので、今後も買い続けます(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました