【パター】クリーブランド 「ハンティントンビーチ #4」レビュー

商品レビュー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
Pocket

クランクネックのピンタイプのパターが欲しくなったので、クリーブランドのハンティントンビーチ #4を購入しました。2021年に購入しラウンドで1年間使ったので、感想をまとめます。

スポンサーリンク

インサートが入っていない、ピンタイプのパターが欲しい

これまでクランクネックでピンタイプのパターを持っておらず、少し興味があったので調べてみることに。

インサート入りは距離感と打感が好みでないためインサートなしを探すと、削り出しで有名なスコッティ・キャメロンといった高級パターしか見当たらず。

スコッティ・キャメロン ニューポート2の新品は、2022年時点で5~6万円。

中古で探しても3万円からと、やはりキャメロンは高い。

キャメロン以外で探してみても、トゥーロン、ベティナルディ、ピレッティ、バイロン、・・・と、インサートなしの削り出しピンタイプパターは5万円以上確定の高級パターが目白押しです。

「クリーブランド ハンティントンビーチ コレクション」を見つける

「ノンインサート、クランクネック、ピンタイプのパター」が欲しいだけなのに、気に入ったものは高いものばかりというジレンマ。

どうしようかと考えていたとき、以前「フロントライン エルバド パター」を買うきっかけになった、クリーブランドの「ハンティントンビーチ コレクション」のことを思い出しました。ノンインサートであればいいので、削り出しではなく鋳造でOKなんです。

前回探したときは何故か中古も殆ど見つからずあきらめましたが、今回は新品で1.1万円だったのを見つけたので、即購入。

インサートが有りませんが、溝が細かく入っていて、これが打感の優しさにつながるのでしょうか。

クリーブランドのロゴが何か安っぽく感じるのは、私だけでしょうか・・・。

標準で挿さっているグリップは、ラムキン製です。しっとりした感触。

ちなみに、ヘッドの色が真っ黒になった「ハンティントンビーチ ソフト プレミア パター」というものも売られています。値段は1.5万円前後とすこし高めですが、グリップがラムキンの別タイプのものに変わって黒で全体の統一感を出しています。グリップが変わったので、こっちも買っちゃいそう・・・。

グリップを「ラムキン ディープエッチ パドル パターグリップ」に変更

ハンティントンビーチに標準でついているグリップが握ったときの感触が好きになれないため、ラムキンの「ディープエッチ パドル」に付け替えました。

ラムキンのディープエッチの歴史は結構古いらしく、中古のパターを買ったときについていたパターグリップがディープエッチ パドルでした。

下の画像で左側が中古パターについていた旧式のディープエッジ、右側がグリップ交換した新しいディープエッジパドルです。

グリップした感触が良かったので探してみたら、コード入りと通常の2タイプが売られていました。松山くんがマスターズで優勝したときに使っていたのがコード入りの「ディープエッジパドル コード」、稲見萌寧はコードなしを使っているようですね。

松山だけじゃない! 稲見、高橋も使用している「ラムキン」のパターグリップなにがいい? - みんなのゴルフダイジェスト
松山英樹がマスターズ制覇の直前に変えたことで話題となったパターグリップ、ラムキン「ディープエッジパドル コード」。実は、現在好調の稲見萌寧、高橋彩華も同じグリップを使用している。このグリップはなにがいいのだろうか?

2021年は品薄と価格高騰のダブルパンチ状態でしたが、2022年に入ってからは落ち着いてきたようで、Amazonでゲットできました。手汗がひどい私でもグリップしたときにベタつかず、常にサラッとした感覚でグリップできるのが好みです。


近くのゴルフ5に持ち込んで、800円ほどの作業料でグリップ交換は完了。

ハンティントンビーチの使い勝手

ハンティントンビーチを構えた感じは、スコッティ・キャメロンのニューポート2の形状によく似ています。下の画像のアングルだけ見れば、「これはニューポート2」と自己暗示をかけられそうです。

ヘッド重量が軽いので、自分の感覚で距離感を出していくタイプには合っているでしょう。最近のヘッド重量が重いパターはロングパットで感覚が合いにくいことが多く、軽めのヘッドが欲しかった私としては満足です。

ただ軽い弊害なのか、ピンタイプに共通なのかはわかりませんが、グリップをしっかり握っておかないとボールが当たったときにヘッドが当たり負けして、飛び出し方向がずれることがあります。

ゴルフショップで試打したスコッティ・キャメロンのニューポート2はボールが少し吸い付くような感覚がしましたが、ハンティントンビーチは少し硬めでボールの吸い付きはあまり感じません。私は吸い付く感じが好きなので打感はキャメロンに軍配が上がりますが、ハンティントンビーチも嫌いではありません。

クリーブランドのパターでは、エルバドを購入して使用中です。

エルバドと打感を比べてみると、ハンティントンビーチ パターは少し固め。

ヘッド重量はエルバドよりも軽く、形状はピンタイプなので、細かい力加減は入れやすいです。

1本目のクランクネックのピンタイプパターに最適

これまで何故か持っていなかったクランクネックのピンタイプのパターですが、1本は持っていてもいいですね。ハンティントンビーチなら1万円ちょっとで新品が買えますし、初めての1本としておすすめです。

タイトルとURLをコピーしました