『EYELINE GOLF ペンデュラムパッティングロッド』でパターの前傾角度を維持

ゴルフ練習器具
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

2019年シーズンに向けて、アプローチとパターの強化を掲げて練習に明け暮れています。

自動返球機能が付いたパターマット『ダイヤオートパット532』、パッティングでの振り幅を覚えるための『距離感マスター』を買い、アプローチ対策としてチッパー『プロギア R35 ウェッジ』も購入しました。

『ダイヤオートパット532』レビュー。自動返球機能がついたパッティング練習器具
2018年のラウンドでスコア改善に必要なのは、ファーストパットの距離感を磨くことだとわかりました。パットの距離感はアプローチの距離感にも繋がり、今までほとんど打ったことがなかったランニングアプローチの成功率を高めるため、チッパーも導入しまし...
『タバタ 距離感マスター』レビュー。メトロノーム付きパット練習器でパットのリズムを身につける
2018年のゴルフで悩んだ課題の一つが、パットの距離感です。特にファーストパットの距離感が壊滅的で、OK以内に寄せることが全く出来ませんでした。以前から「バックスイングが大きくて、インパクトで調節して失敗している」という意識はあったた...
【チッパー】プロギア「R35 ウェッジ」でチッパーを使った室内練習に取り組む
アプローチに悩んだ2018年。来る2019年に向けて、アプローチの新兵器としてプロギアのチッパー『R35 ウェッジ(以下「R35」)』を購入しました。※チッパーを購入するに至る経緯については、以下のリンクからご覧ください。今回は...

パターの振り幅と距離感はだんだん合ってくるようになってきましたが、パターにはもう一つ悩みがあります。それは「パターのダフリ」。そう、パターでもダフるんです。

アイアンのダフリはボールとの距離をいつもより近づけることで克服できたので、パターもボールとの距離に問題があるのではないかと考えました。

「左目の真下にボールをセット」するのが、パターでのアドレスの基本。昔は出来ていたアドレスですが、今回改めて調べてみるとボールから少し離れ気味だったことが判明。股関節からではなく膝を曲げるだけで前傾していたため、ボールと左目の位置が合わなくなっていたようです。

パターではアドレスが特に重要です。左目の真下にボールをセットしたときの前傾角度を体に染みこませる必要があります。その方法を探して見つけたのが、『EYELINE GOLF ペンデュラムパッティングロッド(以下、パッティングロッド)』です。

スポンサーリンク

『EYELINE GOLF ペンデュラムパッティングロッド』の紹介

パッティングロッドはアルミで出来た棒で、物干し竿や釣り竿のようにひねって伸び縮みさせることができます。棒の両端にゴムで出来たクッションがあり、パターとみぞおちに当てて前傾角度を強制的に維持することで体に覚え込ませる練習道具です。

伸び縮みさせて調整可能

 

製品パッケージは英語ですが、日本語の説明書きがシールで上から貼られています。元々はアメリカの「EYELINE GOLF」が出している製品のようで、アサヒゴルフが日本総代理店として販売しています。

パッティングロッド 取扱説明書

 

パッティングロッドを使ってアドレスをチェック

取扱説明書を見てみると、パターとみぞおちにパッティングロッドをセットしてパッティングしています。パターとロッドが平行になるように動かすと良さそうです。

パッティングロッド 取扱説明書(日本語説明部分)

 

まず股関節から前傾したときに左目の真下にボールが来る位置を探します。
パッティングロッドを左手で杖を持つように握ったら左目にあてがってから股関節から前傾し、ロッドの先にボールが来る位置を探してアドレスします。

この時に大体で良いので、ボールと左足の距離、ボールの見え方を記憶しておきます。

左手で杖を持つように握る

左目からロッドを垂らす

 

パッティングロッドを伸ばして、アドレスしたときにパターヘッドとみぞおちで支えられる長さを探します。マジックで目印をつけておくと、次からセットしやすくなります。

マジックで目印をつける

 

パッティングロッドを使ってパッティング練習をする

パターヘッドとみぞおちでロッドを支えたときに、ロッドとパターのシャフトが平行になるようにアドレスします。

パッティングロッドを使った練習(アドレス)

 

バックスイングからフォローまで、パターのシャフトとロッドが平行になるようにスイングします。写真では距離感マスターを使って、2m間隔の振り幅で動かしています。

パッティングロッドを使った練習(バックスイング)

パッティングロッドを使った練習(フォロー)

パッティングロッドの使用上の注意点

ミススイングしたときにおなかに食い込んで知らせてくれる」と書いていたので、わざと手首を使ってミススイングしてみましたが、みぞおちにぴったりはまっているため、おなかにずれることはありません。手首を使うとシャフトとロッドがクロスするので、視覚的にミスがチェックできます。

パッティングロッドはロッドでパターと自分の体を強制的に支えることで、前傾角度を維持するのに自分にとって意識する筋肉はどこか(私は股関節と背中でした)をチェックし、ボールの位置やパターヘッドの動きを視覚的に覚え込ませるための道具だと感じました。

100均グッズの突っ張り棒で代用可能?

パッティングロッドが手元に届いてすぐに思いついたのが、100均で売っている「突っ張り棒」。突っ張り棒とは、室内で洗濯物を干すときに壁同士に這わせて使う棒です。パッティングロッドの説明書によると最大で125cmまで伸ばせるようですから、細目の突っ張り棒で120cmくらいまで伸ばせるものを探してみると代用できそうです。

ダイソーが最強!?100均の突っ張り棒を大手3社で比較してみた! | 北欧家具ブログ
100円ショップのダイソー、セリア、キャンドゥで売られている突っ張り棒(伸縮式つっぱりポール)を比較してみました。強度(耐荷重)や長さ、色の種類、商品の充実具合などを解説。パッケージ記載の耐荷重だけでなく、実際に重りをぶら下げて強度の比較実験も行いました。

2本買えば、アライメントスティック代わりにも使えるかもしれません。
私は園芸用支柱で代用しましたが、伸縮できる突っ張り棒の方がキャディバッグからの出し入れも楽になり使い勝手は良くなりそうです。

『園芸用支柱』をアライメントスティック代わりに使う
ゴルフの練習道具に、『アライメントスティック』というものがあります。プロゴルファーがスイングやパッティングの練習をする時にアライメントスティックを置いて、方向の目印に使っています。斜めに差してスイングプレーンのチェックに使ったり、ク...

パターの練習環境は整った。後は練習あるのみ

パターで重要な前傾角度、距離感を練習する環境は整いました。自動返球機能が付いたパターマット『ダイヤオートパット532』で飽きずに長続きする環境も構築しました。後はひたすら練習あるのみ。次回ラウンドは今から約半年後。6ヶ月間の練習でどれだけうまくなれるか、今から楽しみです。

※関連記事です

パター練習で面倒なことの一つに、打ったボールの回収があります。自動返球機能が付いたパターマット『ダイヤオートパット532』を使うとこの面倒な作業から解放されます。

『ダイヤオートパット532』レビュー。自動返球機能がついたパッティング練習器具
2018年のラウンドでスコア改善に必要なのは、ファーストパットの距離感を磨くことだとわかりました。パットの距離感はアプローチの距離感にも繋がり、今までほとんど打ったことがなかったランニングアプローチの成功率を高めるため、チッパーも導入しまし...

パターの距離感を養うために必要な物は、振り幅とテンポ。セットで覚えるのに便利な『距離感マスター』を購入しました。

『タバタ 距離感マスター』レビュー。メトロノーム付きパット練習器でパットのリズムを身につける
2018年のゴルフで悩んだ課題の一つが、パットの距離感です。特にファーストパットの距離感が壊滅的で、OK以内に寄せることが全く出来ませんでした。以前から「バックスイングが大きくて、インパクトで調節して失敗している」という意識はあったた...

ランニングアプローチが苦手な場合、チッパーに頼るのもありです。

【チッパー】プロギア「R35 ウェッジ」でチッパーを使った室内練習に取り組む
アプローチに悩んだ2018年。来る2019年に向けて、アプローチの新兵器としてプロギアのチッパー『R35 ウェッジ(以下「R35」)』を購入しました。※チッパーを購入するに至る経緯については、以下のリンクからご覧ください。今回は...
タイトルとURLをコピーしました