『園芸用支柱』をアライメントスティック代わりに使う

ドリル・レッスン
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ゴルフの練習道具に、『アライメントスティック』というものがあります。

プロゴルファーがスイングやパッティングの練習をする時にアライメントスティックを置いて、方向の目印に使っています。斜めに差してスイングプレーンのチェックに使ったり、クロスさせてボールの位置や距離をチェックしたりすることもできます。

一見良さげなんですが、問題は価格。1500円~2000円と微妙に高いんです。

そこで私が考えた代用品は、『園芸用の支柱』です。

スポンサーリンク

ゴルフ練習時の園芸用支柱の使い方

園芸用の支柱とは、上に伸びる植物を支えるために地面に差しておく棒のこと。朝顔やトマトなど、つる状の植物を育てるときに巻き付かせる棒と言ったら思いつく方も多いのではないでしょうか。

園芸支柱

アライメントスティックを買って失敗するのが嫌だったので、近くの100均ショップで売られていた園芸用支柱を購入して代用品として使ってみました。

パターの方向チェック

パターマットの上に園芸用支柱を置いて、方向性チェックに使っています。

園芸支柱を使ったパター練習

パターヘッドに合わせて支柱をセットすると、ヘッドをまっすぐ動かしたいときの目印として使えます。

支柱が緑色だとパターマットと区別が付きにくいですが、これを逆に利用してパターヘッドがうまく動かせなかったときに初めて気がつく「ステルス練習器具」として使っています。

ハの字に置いてスイングチェック

支柱をハの字に置いて、スイングでクラブをどう動かすかの方向チェックに使っています。

園芸支柱を使ったハの字チェック

昔よく見ていた「ゴールドワンゴルフ」のサイトで、クラブを丸く使うためにはクラブを下ろす角度を4時半を意識し、そこから背中方向に一気に振り切るようにする動画をよく見ていました。

ダウンスイングとは?4時30分からフトコロをキープして下ろすが正解 - ゴールドワン ゴルフスクール

アウトサイドインで悩んでいたときは、3時方向からクラブを下ろして9時方向にフォローを出していくイメージをしていました。4時半の角度は最初はかなり窮屈に感じます。

園芸支柱を使ったハの字チェック(ダウンスイング)

自宅で室内練習する時は園芸用支柱で作ったハの字の方向にシャフトを沿わせるようにクラブをゆっくり動かしながら、その時の体の動かし方をチェックしています。

ハーフウェイダウンでシャフトが4時半のハの字に合うようにクラブを下ろし、インパクト後は8時方向へフォローを出すイメージで振ります。ハの字にクラブを動かすために自分の体をどのように使えば良いのかを調べ、その動かし方を体に染みこませるためにクラブをゆっくり動かします。

園芸支柱を使ったハの字チェック(インパクト)

園芸支柱を使ったハの字チェック(フォロー)

スライスに悩んでいたときは、3時から9時方向でクラブを動かしていました。4時半から8時方向へ極端なくらい振る意識に変えると体の動かし方が変わります。インパクトから8時方向へクラブを振るためには、左尻を後ろに思いっきり押すように動かすとうまく振れるようになりました。ラジオ体操効果で左尻の動かし方が少しわかってきたようです。

【スイング練習】お尻を使ったラジオ体操で下半身始動の練習
社会人になってから、会社で始業前に毎日ラジオ体操をしています。若いときは「ラジオ体操なんて・・・」と思っていましたが、デスクワークが続く仕事のため肩を上げたり背中を反ったりする動きがありません。40歳も過ぎると40肩や腰痛が気になるよう...

アドレスでボールとの位置をチェックする

アライメントスティックが欲しかった理由の一つが、ボールの位置をチェックするためでした。

クロスさせてボール位置と方向をチェック

「ドライバーは左かかと直線上にボールをセットする」と良く聞きますが、実際の場所ってなかなかイメージしづらいと思いませんか?クラブで代用することも出来ますが、スイングが安定していない初心者の頃にクラブ同士をぶつけてがっかりしたことがあります。

園芸用支柱は竹の節のように一定の間隔で盛り上がっているため、目印をつけるときに最適です。マジックで目印をつけておけば、自分のボール位置が簡単にセットすることが出来ます。

マジックで目印を書き込む

ゴルフ練習時の園芸用支柱の欠点

アライメントスティックよりもコストパフォーマンスが高い園芸用支柱ですが、欠点もあります。

80cmとウェッジより短いので、キャディバッグに収納しても取り出しづらい。

通常売られている園芸用支柱は80cm。室内で練習するときはいいんですが、キャディバッグに入れると取り出しにくいのが難点です。

ただ、室内練習ではこの長さが絶妙。私の自宅練習環境は寝室の一角なので、これくらいの長さが使うときも収納するときも楽です。

緑色のため芝の上に置くと見分けが付きにくい。

園芸用なので緑色が多く、パターマットや芝の上に置くと同化して見分けづらくなります。私は考え方を変えて、スイング中に支柱に当たったら失敗したとわかる「ステルス練習器具」という位置づけにしています。

アライメントスティックと比べると、かっこ悪い。

まあ、これが一番のネックでしょうね(笑)。ただ、練習しているときに他人が使っている道具なんてあんまり注目しませんから私は気にしません。私にとっては専用品の10分の1以下の値段で代用できることのほうが重要です。

園芸用支柱は自宅練習用として、お試しの代用品としてはおすすめ。

園芸用支柱をアライメントスティック代わりに使う方法は、地面に差してスイングプレーンのチェックに使う用途には短くて難しいかもしれませんが、方向をチェックするには問題ありません。効果が期待できるようになってからアライメントスティックを買っても遅くはないでしょう。アライメントスティックを使ってみたいけど値段で購入に躊躇している方に、代用品として園芸用支柱はおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました