『スイングドクター 短尺アイアン 柔らかシャフト』を使って”シャフトの逆しなり”を室内練習で体験

ゴルフ練習器具
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

2018年のオフシーズンは、アプローチとパターの自宅室内練習を精力的にこなしています。

404 NOT FOUND | ちゃばゴルフ
ゴルフの楽しみ方は人それぞれ

スイング練習にも取り組んでいますが、以前から取り組んでいて中々習得できないのが、「シャフトの逆しなり」です。

スポンサーリンク

シャフトの逆しなりとは?

シャフトの逆しなりとは、ハーフウェイダウンからヘッドが先に降りてきて、自分から見るとインパクトでシャフトが「く」の字の逆のようにしなった状態のことをいいます。

シャフトの逆しなり

引用:超私的な提案、シャフトの逆しなりを上手く使ってボールを飛ばすコツとは!?

シャフトの逆しなりが使えると、スライスが減って飛距離が伸びる

シャフトの逆しなりが使えるようになると、以下のメリットがあります。

シャフトの逆しなりが使えるメリット

  • 球が捕まるようになるため、スライスが減る。
  • シャフトがしなり戻る力を利用して飛距離が伸びる。

スライスに悩むと、クラブが振り遅れていることが原因ではないかと考えます。振り遅れたクラブを腕の力で速く振る「手打ち」は、手元がヘッドより先に流れることでヘッドが開いた状態でインパクトを迎えてさらにスライスがひどくなる、という悪循環に陥ります。シャフトの逆しなりが発生すると、自分で振るよりも速くシャフトの力で揺り戻しが起き、ヘッドも閉じる方向に動くためスライスから脱却できるようになる、というわけです。

手元が先行して開いたインパクトでスライス

引用:超私的な提案、シャフトの逆しなりを上手く使ってボールを飛ばすコツとは!?

実践では過去に一度だけ、アイアンでシャフトの逆しなりを体験したことがあります。軽く振ったショットでしたが、フルショットと同じかそれ以上の飛距離が出て驚いた記憶があります。

シャフトの逆しなりを使えるようになるコツ

良いことづくめのシャフトの逆しなりですが、中々習得できません。シャフトがしなるタイミングと体の動きを知る必要があります。

ダウン後半からインパクトにかけて左手を体に引きつけながら下ろすこと、そして左手小指を締め込むことで左前腕を反時計回りにねじる。この動きがタイミング良くできると、左手の動きには急ブレーキがかかり、シャフトの逆しなりがタイミング良く発生します。
引用:シャフトの逆しなりを使えるようになるコツ‥‥その1

 

これは、サイエンス・フィット教本を読んで『ゴルフの竪琴』で取り組んでいる課題である、

『切り返し直後に左手小指をギュッと握り、左手首に竪琴のグリップが当たっていることを確認しながら左尻を後方に突き出すことでできるスペースに振り抜いていくことで、左手首が山の形をしたインパクトを目指す』

に繋がってきます。

【ゴルフの竪琴】インパクトで左手首の「山」を作る練習
先日読んだ『サイエンス・フィット教本第3弾』で衝撃を受けたのが、左手首を「山」の形にしたインパクト。※PRGR公式サイトから引用昔ダウンブローについて調べていて、手首のフリップは避けるというのは何となくわかっていました。しか...
【書評】『5ステップメソッド』スイングレベル別の課題解決
2018年のオフシーズンから自宅練習の熱が高まっています。パターの練習環境を整え、パターマットでボールを転がし続ける日々を送っています。チッパー『プロギア R35 ウェッジ』も中古で手に入れ、パターマットでランニングアプローチの練習に取り組

 

『スイングドクター短尺バージョン』を使って、室内練習でシャフトの逆しなりを感じる

ゴルフの竪琴では、シャフトを逆しなりさせたときの感覚がつかめません。色々調べてみると、柔らかいシャフトで振るとシャフトのしなりが感じやすく、シャフトの逆しなりも起こしやすくなることがわかりました。ドライバーのように長いクラブほどシャフトのしなりを感じやすくなりますが、室内練習では長すぎて使えません。

そこで、室内で振り回してもシャフトの逆しなりを感じることが出来る練習器具として、以前購入した『スイングドクター短尺バージョン』を使っています。

スイングドクター 短尺バージョン

スイングドクター短尺バージョンには30インチと32インチがありますが、私のおすすめは30インチ。短い方が室内で振るときに周りを気にする必要がありませんし、30インチでもシャフトが柔らかいのでフルスイングでも左手を減速させるとインパクト付近で逆しなりを発生させることが出来ます。

シャフトが柔らかいので簡単にしなる

【補足】フルショットには、スイングドクターの別バージョンがおすすめ

スイングドクター短尺バージョンを使って、ゴルフボールをフルショットで打つことはおすすめしません。フルショットではシャフトが折れる可能性があります。ゴルフボールを打ってフルショットの練習をしたい場合は、スイングドクターの他のバージョンをおすすめします。柔らかいシャフトがついたスイングドクターにはドライバー、フェアウェイウッド、アイアン、ウェッジ、パターまであり、実際にボールを打つことも出来ます。

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0+%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC/

『スイングドクター短尺バージョン』を使った室内練習方法

楽天のサイトには、ゴールドワンゴルフスクールで有名な板橋プロが説明した使い方が掲載されています。

https://item.rakuten.co.jp/auc-rota-sports/roger-swing-doctor-short-iron/

板橋プロの説明ではペットボトル、余ったグリップ、木製ティーを使った『簡易パイロン』を使った練習方法が掲載されていますが、私はゴルフの竪琴を取り扱っている『アナライズ』で購入したパイロンとスポンジボールのセットで練習しています。

パイロンとスポンジボールを使って逆しなり練習

アナライズ オリジナル 「パイロン&ボール」 
アナライズ 「パイロン&ボール」(練習用)

私が現在取り組んでいる『スイングドクター短尺バージョン』を使った室内練習方法は、インパクトで左手を止めてシャフトを逆しなりさせ、パイロンに乗せたスポンジボールにヘッドを当てて、1ヤード(90cm)先に置いたアプローチネットに入れる、というものです。

シャフトの逆しなりでスポンジボールを1ヤード先のアプローチネットへ

 

シャフトの逆しなりを発生させるには、左手の減速が必要です。トップから下ろしたスイングドクターをインパクトで止めるには左手小指を締め込んで左前腕を反時計回りにねじる、つまり左前腕を回旋しながらクラブを手前に引きつけます。

注意することは左腕だけで行わず、左尻を後方に突き出す動きをしながら行うこと。左手の減速ばかりに気をつけていると、下半身の動きがおろそかになってしまいます。素振りでシャフトの逆しなりを起こす時に左腕や左尻のどこに力を入れるのか、タイミングを計ります。

素振りでタイミングを掴んだら、シャフトの逆しなりでヘッドをスポンジボールに当てます。左腕や左尻にだけ意識が向いていると、パイロンに当たってしまいます。

シャフトの逆しなりを実際のクラブで起こすのは、かなり難しい

スイングドクター短尺バージョンでシャフトの逆しなりを起こしてスポンジボールを当てる練習は、慣れてくると出来るようになってきました。問題は、実際のクラブで逆しなりを起こすのが難しいこと。左手の減速ばかりに気をつけているとインパクトで終わりのようなスイングとなってしまい、綺麗に振り抜くことが出来ないためボールにパワーが伝わっていないように感じてしまいます。

室内練習から実際のクラブに持ち替えたときに違和感なく出来るようになるため、体に動きを染みこませている最中です。形になってから実際のクラブとボールで打って感触の違いを確認する必要がありますね。

あれもこれもとやり過ぎると結局嫌になってやらなくなるのは、学生時代の勉強方法で失敗した経験から学んでいるんですが、どうなることやら。

アナライズ オリジナル 「パイロン&ボール」 
アナライズ 「パイロン&ボール」(練習用)
タイトルとURLをコピーしました