シャオミ「Redmi Note 9S」レビュー(1)3年ぶりの機種変更

ゴルフ以外
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
Pocket

3年ぶりにスマホを「Redmi Note 9S」に機種変更しました。

一般的なレビューはネットで検索すればいくらでもヒットしますし、そちらのほうが内容も詳しいため、私はライトユーザーとしての使い勝手をレビューします。

電車通勤でニュース記事やメール・スケジュールのチェックがメインで、外出先ではYoutubeを見ない、ネット麻雀以外のゲームをしない。カメラやビデオ撮影は、家族がメイン」というライトユーザーである私が、 Redmi Note 9Sを使ってみた感想をまとめてみます。

私が買ったのは、6GBメモリ+128GBストレージで、税込29800円。

4GBメモリ+64GBストレージならさらに5千円安く、税込24800円です。

スポンサーリンク

機種変更の決め手は、「アメリカのファーウェイ潰し」

これまで使っていたのは、ファーウェイの「P10 lite」。

「動画を見ない、ゲームをしない、ニュース記事やメール・スケジュールのチェック」がメインの使い方のため、買ってから2年ほどは特に不満もありませんでした。

P10 liteを2017年7月に購入してから約3年。後継機もまたファーウェイ製品にしようと考えていた矢先、アメリカによる「ファーウェイ製品でのGoogle ソフトの利用不可」という措置から、風向きが変わりました。

アメリカの措置発表からほどなくして始まった、ファーウェイによる何回ものOSアップデート。Googleの各種サービスに変わる、ファーウェイ独自のアプリが勝手にインストールされて、ストレージの空き容量は圧迫され、スマホ全体の動きは遅くなり、バッテリーの減りも目に見えて早くなりました。

これでP10 liteからの買い替えを決意し、新機種の情報を漁る日々が始まりました。

3万円前後で”しっくりくる”機種が見つからない!

我が家では、家族のスマホは私がお金を出すかわりに、機種と機種変更時期を統一しています。理由は、デジタルガジェットに疎い嫁や子供たちから操作に関して、あれこれ質問されたときに対応しやすくするため。

機種変更時は2台分の料金が一度にかかってしまうため、「スマホ1台の予算は3万円前後」と決めています。

ところが、1台あたり3万円前後で探すと、どの機種も「帯に短し、たすきに長し」で、いまいちしっくりくる機種が見つかりません。

私がこだわるのは、スペック(CPU、メモリ、ストレージの容量)と、インカメラのデザイン(ティアドロップは嫌、パンチホールが好み)。アウトカメラは普段目に入りませんし、自分好みのカバーを付けるため、機種のカラーも気になりません。

使用時に気になる「レスポンスの良さ」と「表面のデザイン」には、妥協したくありません。

UQモバイルで「au Volte」での音声通話が可能か?

もう1点、私がSIMフリーの機種を買うときに注意していることは、現在回線契約している「UQモバイル」で「au Volte」による音声通話ができるかどうか?ということ。

というのも、現在使っているP10 liteを販売開始直後の3年前に買ったとき、

バンド幅は対応していたにもかかわらず、SIMフリー版ではデータ通信はできるが、au Volteでの通話ができない

といった不具合があり、発売から1ヶ月後のOSアップデートまで、通話はLINEのみでやり取りした苦い経験があります。

日本の技適に対応した最近発売された機種であれば大丈夫だとは思いますが、私にとっては注意が必要な点でした。

シャオミの「Redmi Note 9S」に心惹かれる

そんな矢先、ネットニュースで見かけた、シャオミの「Redmi Note 9S」発売のお知らせ。

メモリとストレージ容量の違いで2種類あり、税込で2.5万円と3万円。4GBメモリ+64GBストレージタイプはAmazonなどのネットショップのみ、6GBメモリ+128GBストレージタイプは家電量販店のみと、機種によって販売店を分けて販売されます。

4GBメモリ+64GBストレージで、税込24800円。

6GBメモリ+128GBストレージで、税込29800円。

3万円で「6GBメモリ+128GBストレージ」がついてくる Redmi Note 9S のスペックは申し分なく、シャオミの公式ホームページで対応バンドを調べてみてもauが動作対象リストに入っているため、現在契約しているUQモバイルでも問題なく動きそうです。

スペックと値段を見た時点で、心はすでに購入に傾いていました(笑)。

楽天ビックの予約販売で購入、発売日当日にゲット

あとは、どこで買うかを調べるだけです。狙いは、6GBメモリ+128GBストレージタイプのため、価格.comで家電量販店の価格をチェック。

発売前の6/5にネットで価格調査したところ、どこも値段は同じ。ヨドバシカメラではポイント還元が1%でしたが、楽天ビックでは2000ポイント以上の楽天ポイントがついてきたため、2台まとめて予約購入しました。

色はオーロラブルーとグレイシャーホワイトにしました。

発売前のネット予約だったため、発売日の6/9に手元に届かないだろうと思っていましたが、6/9に自宅にきちんと到着しました。ネット予約で発売日当日に手に入れたことがなかったため、これは嬉しい誤算でした。最近の商品では当たり前なのかもしれません。

後日楽天ビックの口コミを見てみると、到着日に届かなかったという低評価の口コミが多かったため、私はたまたま運が良かっただけのようです。

ライトユーザーが使ったレビューは次回

ここまでで長くなってしまったため、Redmi Note 9Sを実際に使って旧機種のP10 liteと比較した内容は、次回に持ち越し。

結論から言うと、買い替えて大正解です。

3年前の機種からの買い替えなので、最近の機種ならどれでもそれなりに満足できるのかもしれませんが、レスポンスの良さ、デザイン、反応が早い指紋認証、長持ちするバッテリーなど、総合的に見ても非常に満足しています。

人によって気になる点があるとすれば、サイズが大きいことと重いことでしょうか。これは小さくて軽いこととトレードオフなので、私にとってはマイナス評価ではありません。むしろ、老眼が進んできたアラフォーにとっては、最高の大きさです(笑)。

私が買ったのは、6GBメモリ+128GBストレージで、税込29800円。

4GBメモリ+64GBストレージならさらに5千円安く、税込24800円です。

タイトルとURLをコピーしました